アフターピルは市販されているの? > 市販されないアフターピルは通販で常備する

市販されないアフターピルは通販で常備する

男女が付き合いを深めていく中で性行為をすることで愛情を確かめ合うことができます。
付き合いを進めていく中でも自然な流れであり、それによってより信頼関係や絆を深めることができます。
この行為というのは男女の関係で妊娠をすることになるものであり、二人の愛の結晶として子供ができるということになります。

しかし、誰もが妊娠を望んでいるわけではありません。
学生であったり、仕事などで多忙な状態でどうしても子供を産み育てることができないこともあります。
その場合には避妊をすることになるのですが、避妊を片方が嫌ったり、避妊をしていても失敗してしまうこともあります。
そういった場合に頼りになるのが経口避妊薬になります。
妊娠をしないように排卵を抑えることができる用量の低いものから事後にできてしまったかもしれないときに受精卵の着床を抑える用量の中程度のアフターピルなどもあります。

アフターピルは性行為をして避妊に失敗したかもしれないというときに服用することでできてしまった受精卵が生き延びるための子宮内膜の着床を抑えることができる錠剤であり、早く服用することで高い成功率を誇ります。
これは72時間以内が目安になっていて、それ以上の時間が経過してしまうと効用がなくなる可能性が高まります。
ですから、性行為をして失敗をしたかもしれないというときには一刻も早く服用した方がいいものです。

しかしながら、入手をする方法としては、産婦人科などの医療機関を受診して処方してもらうという方法になります。
ですから、事後にできるだけ早く受診したほうが妊娠を防ぐことができる確率が高くなります。
早ければ早いほうがいいからです。

そういったときのためにももう一つの入手方法として海外からの通販による個人輸入があります。
いざというときのために備えることによって、失敗したときでも安心して対応することができるようになります。
ただ、アフターピルなどの経口避妊薬は市販されていないので、ネット通販で探すようにします。

個人輸入のシステムから手に入る理由を解説

日本においては、アフターピルなどの経口避妊薬というのは市場で販売が認められていないのですが、一方で海外から個人的に輸入することができるようになっています。
ですから、薬局やドラッグストアに置いてはいけないことになっているので店舗で見かけることはありません。

個人輸入のシステムとしては、海外からの医薬品の輸入を個人の代わりに行っている業者があり、その輸入代行業者を通して購入することができるようになっています。
そういった業者が、アフターピルなどを購入する際にインターネット通販として利用できる業者になります。

個人で外国の薬を買い付けてくるというのは難しいものです。
言語や決済、品質、配送など、問題も発生します。
しかし間に業者が入ることでスムーズに一連の手続きを済ませることができる上に現地での価格に近い形で購入できるようになります。
つまり、輸入代行業者というのは個人が使うための医薬品を外国から輸入するのを手助けしてくれる業者になります。

外国の欲しいと思った医薬品を手に入れることができるのはそのシステムに理由があります。
代行業者が日本人が見ることができるようにサイトを開設し、受けた注文を現地に伝えて支払いをし、現地からは注文した医薬品を注文者に送るという三者間の契約になっているのです。

いざというときのためにも市販されていない避妊薬を常備をしておくことで安心して性生活を送ることができるようになります。
また、個人輸入の安さも人気の理由としてあげることができます。
さらにまとめ買いで安く購入できる上に常備をすることもできます。
そのシステムを知って、確実なサイトなどを見極めながら必要なものを入手しましょう。