アフターピルは市販されているの? > アフターピルは薬剤師のいる薬局でも市販されていない

アフターピルは薬剤師のいる薬局でも市販されていない

最近では薬局やドラッグストアであっても薬剤師が常駐しているところであれば第1類医薬品が購入できるようになっています。
第1類医薬品は購入時に薬剤師にその説明を受けなければいけません。
それだけ他の市販薬とは違い服用に注意が必要になる医薬品だということです。
ただ、この説明があることによって購入者は安心感を持って市販薬を使用することができますし、飲み合わせなどを考慮していくことが出来るわけです。

ただ、アフターピルはこうした薬剤師の常駐しているドラッグストア、薬局でも購入することが出来ません。
そもそもアフターピルは日本の場合、医療機関を受診した人でなければ購入することができません。
これは薬事法という法律で決まっていることで、特にアフターピルは体に与える影響が少なくはないため、服用にはより一層の注意が必要になってくるわけです。

アフターピルの役割を十分に理解している人であれば、薬局やドラッグストアで購入できない理由もわかってくるものです。
医療機関を受診して体の調子をみた上で処方されるアフターピル、その方が患者は安心して薬を服用できるというわけです。

とはいえ、アフターピルが個人で購入できないのかと言われればそうではありません。
個人輸入という形であれば医療機関を受診することなく購入が可能ですし、ものによっては費用負担も最小限に抑えることが出来ます。
そもそも、アフターピルを購入するには全額自己負担、プラスαで診察費用も払わなくてはいけません。
その点、個人輸入という形であれば海外で売られているアフターピルをより安い価格で購入することが出来ます。
余計な出費を抑えられるという点ではより賢明な方法と言えるでしょう。

アフターピルは海外で売られているものも日本で実際に使われているものも成分内容に大きな違いはありません。
成分は同じままで価格だけが違うというのであれば、断然こちらの方がお得で賢い購入方法と言えるわけです。

薬剤師がいる薬局の役割

アフターピルを服用している場合、それに伴って体に変調を来すケースも出てきます。
そうなれば頭痛薬や鎮痛剤など市販の薬を飲もうとする機会も増えてくるでしょう。
ただ、こんな時にこそ注意が必要です。

というのも、アフターピルは効き目が強い分他の薬との飲み合わせ次第でその効き目を弱めてしまったり、体の不調を引き起こしてしまうこともあります。
もちろん、すべての医薬品がそうというわけではもちろんありませんが、注意しておくに越したことはありません。

とはいえ、素人はこうした飲み合わせの判断を下すことはできません。
それこそより専門的な知識が必要になりますし、ちょっとした判断ミスで重大な症状を引き起こす危険もあります。
そこで、こんな時にこそ活用していきたいのが薬局やドラッグストアです。
薬局やドラッグストアではアフターピルを購入することが出来ないものの、その役割は他にもあります。
薬剤師の常駐している場所であれば、市販薬を購入する際にアフターピルとの飲み合わせについて尋ねることが出来ます。

その際、アフターピルを飲んでいても服用することができるのか、どの市販薬がより適しているのか、相談していきます。
アフターピルの他にも常用している薬があるのであれば、ここで一緒に相談していきましょう。
素人には判断できない事でも、専門の知識を持っている薬剤師であれば解決できますし、必要に応じてアフターピルについてしっかりとした知識を身に着けていくことも大切です。
具体的にどういった成分がアフターピルには含まれているのか、薬剤師にどんな薬を飲んでいるのか聞かれたときでもすぐに答えることができます。
まずは自分が服用する、しているアフターピルについて調べていくことからはじめていきましょう。