アフターピルは市販されているの? > アフターピルの価格相場

アフターピルの価格相場

アフターピルは、避妊をしないでセックスを行った場合や避妊をしていたのに失敗してしまった場合など妊娠の可能性があるセックスをした際に緊急的に避妊を行うための薬です。
アフターピルの作用としては、女性ホルモンを増やすことにより受精卵の着床を防ぐことで妊娠を回避するというものですが、飲むタイミングは妊娠の可能性のあるセックスを行ったあとから見て72時間以内で、早ければ早いほど成功する可能性が高まります。
反対に飲むのが遅いほど妊娠を阻止することができません。

アフターピルは作用としては比較的高濃度の女性ホルモンを体内に入れることで身体を急激に変化させるため、頭痛や吐き気といった症状が出ますが、妊娠後に中絶するよりは母体に与える影響が少なく、このため妊娠を望まない場合には有益な避妊方法といえます。

一方でアフターピルは一般の薬局やドラッグストアでは売られていないもので、医師の診察を受け処方してもらう必要があります。
海外から個人輸入するという方法もありますが、個人輸入では72時間以内に到着させることは難しいので緊急避難的に行うには現実的ではありません。
このため個人輸入で入手する場合には事前に購入しておく必要があります。

アフターピルの価格相場としては種類によって異なり、ヤッペ法では5000円前後が相場で、ノルレボ錠では15000円から20000円程度が相場です。
ヤッペ法はアフターピルというよりも中用量のものを2回服用するもので、妊娠の可能性のあるセックスをしたあとに既存の女性ホルモン剤を使って強制的に着床させないというものです。
このため嘔吐するケースが多いため短時間で嘔吐してしまうと、薬の成分が十分に行き渡らず失敗する可能性があるので再使用する必要があります。
このため医師の経過観察が重要になります。
一方でノルレボ錠は緊急避妊薬として開発されたもので吐き気も出にくく1度の服用で済むメリットがあり、現在ではアフターピルといえばノルレボ錠のようなものを指します。

アフターピルを保険適用で入手する方法はあるか

アフターピルは自由診療であるため健康保険の適用を受けることは残念ながらできませんので残念ながら自己負担になります。
これはどのような状況にあっても避妊を目的とした場合には保険は適用されません。
ただ更年期障害などでホルモンバランスを保つために使用する女性ホルモン剤に関しては保険が適用されるケースもあります。

一方で、アフターピルが自己負担であるからといっても病院に行く場合には、保険証を持っていった方が場合によっては費用を安くすることができる可能性があります。
理由としてはアフターピルそのものは5000円から15000円ほど掛かりますが、それ以外にも初診料として2000円から3000円、さらにそのほかの検査料が掛かります。
もろもろ付けた場合には3万円程度必要になります。
病院によっては一部を保険適用で行う場合があります。
この場合にはヤッペ法を使った緊急避妊でありノルレボ錠のようなアフターピルを入手する方法としては使えません。
ただともかく価格を抑えたいといった場合にはこの方法で緊急避妊を行うことになります。
この場合には1万円までの価格で受けることができます。

一方で個人輸入で入手する場合には、個人輸入代行を行っているサイトから簡単に手に入れることができます。
種類も豊富で価格相場は1箱(2錠)1200円から6000円程度でノルレボ錠と同等のものが購入可能です。
このため緊急避難として常備しておくのも手段ですが、海外の薬には偽薬も存在するため、成分の分析をしているところを選ぶことが重要です。
またアフターピルでは女性ホルモンを急激に変化させるため、頭痛や吐き気が出ますし、血栓症のリスクもあるため使用するのは最小限にする必要があります。