アフターピルは市販されているの? > アフターピルが市販されない理由はあるか

アフターピルが市販されない理由はあるか

アフターピルが市販されない理由は、処方箋が必要ない薬品とされていて、含まれている成分が市販できる医薬品として認可されていないからです。
そのため医師から処方箋をもらわないと購入できません。

しかし、現在ではネットで海外から個人輸入することも可能となり、この場合は医師の処方箋は必要ありません。
誰でも簡単に入手できることからネットで購入する方も増えてきています。
しかし、薬の知識や効能、飲み方などをしっかりと理解したうえで服用しないと、思わぬ副作用に見舞われるケースもあるため、注意が必要です。

アフターピルの使用目的は、強制的な妊娠を防ぐことです。
アフターピルは緊急避妊具とも呼ばれ、主に避妊に失敗したときの妊娠を防ぐために使用されます。
性行為を終えた後、すぐに服用することで100%に近い状態で避妊することができます。

性行為後すぐにアフターピルを服用しなければならない理由は、受精卵は子宮内膜に着床することで妊娠するため、着床した後に服用しても避妊することは不可能となるからです。
避妊するためには性行為後72時間以内に服用しなければなりません。
72時間以降に服用した場合は、避妊の成功率が下がってしまい、妊娠する確率が上がってしまいます。
そのため、射精をしてしまった場合には早めの段階でアフターピルを服用しなければなりません。

しかし、身体にはホルモンバランスの急激な変化を与えてしまうため、服用には注意が必要です。
又、緊急避妊具といっても100%の避妊できるわけではありません。
ホルモンバランスの急激な変化は身体に大きな負担を与え、その負担が副作用として身体に現れてきます。
副作用が必ず現れるわけではありませんが、アフターピルはあくまでも緊急用の避妊具であり、なるべく使用しないように気を付けましょう。
市販されない理由として、日本では海外に比べて性教育が進んでいない為にアフターピルに対する知識が少ないことも関係しています。

アフターピルの怖い副作用に注意

薬という点で気を付けなければならないのが副作用です。
アフターピルの副作用は、服用後すぐに出てきて時間の経過に伴って徐々に落ち着いてきます。

主な副作用の種類は、気分がすぐれなくなったり、頭痛やめまい、吐き気や下腹部の痛み、イライラ、倦怠感、むくみなど幅広くあります。
その中でも怖いのが、不正出血や出血量の増減です。
不正出血は出血量の増減は、今後の妊娠に関係するとても怖い副作用です。
アフターピルの副作用はホルモンバランスの急激な変化によって発症するため、症状も幅広く個人差があり、発症する人しない人など様々です。

吐き気やめまい、気持ち悪くなるなどの副作用は、服用後2時間以内に嘔吐してしまうと避妊に失敗してしまう可能性があります。
その理由として、体に吸収されるはずのアフターピルの成分が嘔吐してしまうことで不足するからです。
そのため、吐き気や気持ち悪さを緩和するために医師に処方してもらった吐き気止めを服用しましょう。
市販されている酔い止めの薬も服用可能です。

アフターピルはホルモンバランスを変化させ、排卵を促してくれる仕組みになっていて、排卵を促されることによって生理が起き、避妊できるようになっています。
通常の生理は、アフターピルを服用したタイミングによって変動します。
服用したタイミングが良ければ予定通りのタイミングで生理が起きますし、排卵直後に服用すれば生理が起きた後の状態なので、次の生理予定日まで延長することになります。

服用して3週間以上が経過してもアフターピルの作用による生理が来なかった場合は、避妊に失敗している可能性があります。
妊娠の可能性がある場合は、直ちに医師による検査をうける必要があります。