アフターピルは市販されているの?

アフターピルは市販されているの?

アフターピルは日本では市販されておらず、医療機関を受診して初めて購入することが出来ます。
しかし、医療機関を受診するとなるとその手間と費用がネックになることもあるため、通販サイトを使ってその代用をしていく方法もおすすめになってきます。

医薬品の購入となれば不安に感じる人も中にはいるかもしれませんが、実際のところ、内容成分は日本で処方されているものと何ら変わりはありません。
むしろ、同じ成分の薬をより安く、まとめて購入することもできるので、頻繁にアフターピルを服用するという人にもうってつけです。
アフターピルの服用によって100パーセント避妊ができるというわけではないものの、その高い避妊率から性行為の後の保険としてさらに需要は高まっています。

アフターピルの入手方法

アフターピルは日本の場合、医療機関で医師が処方したものでないと購入することができません。
これは薬事法という法律で決まっていることで、市販されている医薬品とは違い、医師の指導、診察の元使用しないと危険を伴う薬だと判断されているわけです。
とはいえ、アフターピルは医療機関を受診してまとめて処方してもらうことが出来ず、必要になったときにその都度受診する必要が出てきます。
医師側、病院側もこの点には参っている部分も多く、アフターピルの処方のためだけに診療時間を割くことで、他の患者への診察がおろそかになってしまう可能性もでてきます。

もちろん、すべてのケースがそうというわけではありませんが、中にはアフターピルの処方を申し出るだけで嫌な態度をとる医師もいるほどです。
アフターピルを購入する側も、こうした態度で毎回診察されては気分が悪いもの、それこそ他の方法でアフターピルを購入するのがベストとなってきます。

先にあげたように、日本ではアフターピルは市販されていません。
では、医療機関を利用せずにどうやって入手していけばいいのでしょうか。
その方法は通販です。
通販サイトであれば、海外で売られているアフターピルを個人輸入という形で入手することが出来ます。
ここで売られているアフターピルは日本で使われているものと成分は一緒なので、服用においての不安は一切ありません。
しかも、海外で売られているということもあり、価格がかなり安く抑えられているのも魅力の一つです。

医療機関を利用してアフターピルを購入する場合、費用は全額自己負担となります。
しかも毎回診察代としてプラスαの金額がかかってしまうことを考えると、通販を利用する方がより賢明な判断といえます。
わざわざ医療機関に出向いて、毎回嫌な顔をされながら処方されたアフターピルを購入するというくらいなら、最初から海外から個人輸入してアフターピルを入手するのがおすすめです。
その際、できるだけ売上の多いサイト、口コミ評価の高いサイトをチェックしていくのがいいでしょう。

というのも、こうした個人輸入を代行するサイトの中には、価格を極端に下げてサービスの質を下げているところもあります。
例えば、注文後の発送がかなり遅いケース、時には配送中に荷物が紛失しまるまる損をしてしまうこともあります。

また、アフターピルを注文したというのに、全く別の医薬品が自宅に届くなどのトラブルも頻発するようになります。
実際のところ、海外の言語で表示がなされているので日本語しか読めない人にはそれを判断することはできません。
それこそ、服用してみて初めてその異変に気付くこともあるわけです。

ものによってはそれが体調に異変をもたらすことも考えられるため、できるだけ安全性の面は考慮しておくといいでしょう。
先にあげたように、ある程度信頼のおける通販サイトを探しておくことが第一のポイントとなってきます。

価格があまりにも安すぎる通販サイトや、会社の場所がマンションの一室であったり、電話番号が明記されていない、もしくはデマカセというサイトは注意が必要です。
何かトラブルがあってもすぐに逃げられるように、サイト上でもうまくごまかしているケースが少なくありません。
もちろん、すべてのサイトがそうというわけではないものの、初めてアフターピルを通販サイトで入手するという人はできるだけ大規模の、初心者向けのサイトからの利用がおすすめです。
日本では市販されていないアフターピルだからこそ、その取り扱いには注意が必要ですし、購入に際しても注意深く行動する必要があります。
アフターピルは日本では市販されていないこと、そして医療機関以外で入手していく方法としては良心的な通販サイトを利用していくのがベスト、これらの点はしっかりと押さえておくといいでしょう。

アフターピル効果のメカニズム

アフターピルは避妊のために服用する医薬品です。
一般的に知られている避妊薬といえば、毎日継続的に飲み続けて初めてその効果を発揮するというタイプですが、アフターピルの場合は違います。
アフターピルは性行為があった後、避妊が失敗した後に服用するのが大きな特徴です。
しかも、1回の服用で十分な効果が発揮されるため、飲み忘れのリスクもありません。

ホルモンの成分について

そもそも、どうしてたった一回の服用で避妊が可能になっていくのでしょうか。
それはアフターピルのメカニズム、含まれるホルモン成分が関係しています。
アフターピルには黄体ホルモンと同じ働きをする成分が主に含まれていますが、これが体の中に入ることで人間の身体は生理前と同じような状態になっていきます。

そもそも、女性は毎月のように訪れる排卵、生理のために二つの種類の女性ホルモンを分泌しています。
それが卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。
卵胞ホルモンは排卵を促し受精、着床しやすい状態を作るために子宮内膜を厚くしたり、体の中に水分をため込もうとしていきます。

排卵が終わればこの卵胞ホルモンは分泌量が減り、その代わりに黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。
アフターピルはまさにこの時の状態を人工的に作り出しているわけです。
そして、その後、黄体ホルモンの分泌も止まれば生理が始まります。
アフターピルの服用後もそれは同じで、体の中に取り入れた黄体ホルモンがすべてなくなれば、身体は生理を始めようとしていくため、自然と受精卵の着床を防ぐことが出来ます。
これがアフターピルで避妊が出来る大まかなメカニズムです。

アフターピルを服用後、生理が来れば避妊が成功したということになります。
とはいえ、その服用のタイミングによって生理が始めるタイミングも変わってくるため注意が必要です。
例えば、排卵が行われる前にアフターピルを服用した場合です。
この場合、いつもの生理周期よりも早く生理が訪れることになります。
これは通常の生理とは違い、アフターピルによって無理やり起こさせた生理なので、人によっては月に2回生理が訪れるというケースも出てきます。

そして、排卵後のタイミングで服用した場合、人によって多少の差はあるものの、服用から生理が始まるまで前者に比べて期間を有するケースが多くなります。
このように、服用が排卵の前と後、どちらなのかによって効果のあらわれ方は大きく変わってくることになります。

アフターピルは性行為の後に服用するタイプの避妊薬ですが、その服用方法には決まりがあります。
というのも、アフターピルはそのメカニズム上、性行為からの時間経過が短ければ短いほど避妊の効果が高まります。
より確実に避妊をしていきたいというのであれば、それこそ性行為があったその日に服用するのがおすすめです。

避妊と服用の時間について

具体的な時間について、性行為から72時間以内に服用するのが大前提となってきます。
それ以降でも効果がないわけではありませんが、やはり確実性を重視するのであればあまりお勧めはできません。
そして、アフターピルは性行為から24時間以内に服用した場合、避妊率は95パーセント以上、25時間から48時間以内に服用した場合の避妊率は85パーセント以上という調査結果が出ています。

アフターピルのメカニズムを考慮すれば、できるだけ受精卵が着床をする前に服用を進める必要があることがわかります。
アフターピルの服用方法、そしてそのタイミングとメカニズムについてはしっかり予習しておくことが大切です。
これが避妊率のアップにつながりますし、何より間違った服用方法で身体に無駄な負担をかけないことです。

アフターピルは急激に身体の中のホルモンバランスを変化させていくことになるので、少なからず体への負担が症状としてあらわれていきます。
頭痛や腹痛など、症状は人それぞれで違いますがこうした服用後の身体の変化についても知っておくといいでしょう。

コンドームよりもアフターピルは確実に避妊できる

より手軽な避妊方法として知られているコンドームですが、その避妊率は100パーセントにより近いとされています。
もちろん完ぺきな避妊方法と断言できるものではありませんが、非常に高い避妊率のため今でも多くの場面で活用されているわけです。
ただ、注意しておきたいのがこのコンドームの避妊率は正しい方法で使用した場合にのみ当てはまる数字です。
そもそものコンドームの使い方が間違っているようであればその避妊率は下がりまし、実際、ある研究機関の調査ではコンドームを付けていても約5パーセントの割合で避妊が失敗しているという結果が残っています。

この数字だけを見ると、コンドームよりもアフターピルを使った方が確実に避妊が出来るのではと思われる人もいるかもしれません。
確かに、男性の意思が必要不可欠なコンドームに比べればアフターピルの手軽さ、避妊率の高さは魅力的です。
ただ、だからといってアフターピルが完ぺきな避妊方法なのかと言われればそうとも言い切れません。

先にも挙げたように、アフターピルは性行為から24時間以内に服用してもその避妊率は95パーセントです。
つまり残りの5パーセントはタイミング次第で避妊が失敗してしまうこともあるということです。
アフターピルが一概にコンドームよりも確実に避妊できるとは断言できないわけです。

では、より確実に避妊を成功させていくためにはどうすればいいのでしょうか。
まず挙げられるのがこうしたコンドームやアフターピルといった避妊方法をいくつか組み合わせていく方法です。
単体でも高い効果を発揮する両者の方法ですが、この二つを組み合わせれば避妊率に関しても高くなっていくというわけです。

もちろん、それでも不安が完全に払しょくされるというわけではないものの何もしないよりは、こうした対策はしておくに越したことはありません。
特に、アフターピルは人によって服用後の体調変化が著しくあらわれます。
毎回避妊に失敗した、もしくは避妊をしていなかったからといってアフターピルを服用していては、身体への負担が大きすぎてもちません。
しかも女性側の負担ばかりが大きくなってしまうのが非常に厄介です。

性行為は男性と女性、両方が合意の上で行うこと、それは避妊についても同様です。
女性ばかりが苦労するのではなく、男性側も性行為のマナーとしてコンドームの使用は欠かさないようにしましょう。
そしてプラスαの保険としてアフターピルを活用していくようにします。
このスタンスでコンドーム、アフターピルを使用するようにすれば、男性も女性も体への負担が大きくなることもありませんし、避妊率も安定的に高い状態を維持できます。

避妊率を上げたいからといって何も考えずにアフターピルを服用するのではなく、体への負担も考慮していくこと、そしてその上で性行為の際には今一度避妊について男女間で話し合いをしておくといいでしょう。
男性も女性がアフターピルによって大きな負担を受けていると知れば、避妊に対する考えも変わってくるかもしれません。
もちろん、明確なパートナーがいる場合であればこの方法がベストですが、もしもそうでない場合にも注意はしておくに越したことはありません。
不特定多数との性行為はできるだけ避ける事、性行為をする以上はどこかで避妊が失敗する可能性も残っていることは、知識としてしっかりと押さえておきましょう。

先に挙げたように、コンドームやアフターピルの避妊効果を過信しすぎるのは危険ではありますが、うまく活用することが出来れば余計な心配事なしに性行為を楽しむことが出来ます。
まずはコンドームとアフターピルについて正しい知識を身に着けていくこと、そしてその使用方法や避妊率の推移についても男女でしっかり確認していくようにしていきましょう。
カップルで一緒に取り組んでいくことが肝心です。